charingress.tokyo

ingress(イングレス)の遊び方や初心者向けガイド・速報・イベント・出来事などを紹介。僕とチャリとイングレスと。あとポケモンGOも。

イングレス ポケモンGO

ポケモンGO、岩手・宮城・福島沿岸部でラプラス出現率アップ!

おとついポケモンGOのnearbyはイングレスの地域限定の技術が使われてるはず、という記事を書いたら、早速こんどは東北沿岸でラプラス出現率をアップする、という発表がポケモンGOの公式から出ました。これも同じ指定をしているはず。

ピンポイントのポケモン出現率コントロールを導入?

ポケモンGO日本公式からの発表はこちら。

ちなみに今日は11/11で「ポッキーの日」「ベースの日」だそうですし、エージェント的には明日からXMアノマリーVia Noirで、なぜこのタイミングに・・・と思ったら。
宮城県のポケモンGOコラボイベント「Explore Miyagi」が明日なんですね。

ポケモンGO×宮城県コラボのポケストップ追加企画内容が発表に。

サイトには「※出現するポケモンに特別な変化はございません。」という記載がありましたが、Nianticがなんとか間に合わせた、という感じでしょうか。
そして東北沿岸部での出現率アップ、となるとイングレス的にはIngress Initio Tohoku Missionが思い出されます。

ingress 東北でポータル申請復活! #InitioTohokuMission


震災復興を目的として行われた地域限定のイングレスのポータル申請イベント。
今回のポケモンGOのラプラス出現率アップも「沿岸部」を指定してきているので同じ手法で地域限定しているんでしょう。
地域限定のポケモン出現コントロールは・・・初の事例になるのかも?

Initio Tohoku Missionの時の指定はこんな感じでした。

ingress ver.1.98.1アップデート。地域限定ポータル申請のアップデート。

これと同様の設定がポケモンGOでラプラス出現に対して行われるのだと思われます。
イングレスの場合はポータル申請のオンオフでしたが、ポケモンGOはnearbyなどの機能オンオフも、今回のような特定ポケモンの出現率変更も出来る、とかなり活用できるプラットフォームになっているようですね。

ポケモンGO の新機能「nearby」対象地域指定はイングレスの技術が使われている(はず)

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします!

Twitter で

-イングレス, ポケモンGO
-, , , , , , ,