charingress.tokyo

ingress(イングレス)の遊び方や初心者向けガイド・速報・イベント・出来事などを紹介。僕とチャリとイングレスと。あとポケモンGOも。

イングレス リアル課金

スマホケース「RAKUNI」はエージェントにもピッタリ!?

スマートフォンケースで大人気の「RAKUNI」。主に女性にウケているようですが、イングレスのエージェントでも使えるかどうか試してみました。

エージェントにもピッタリのスマホケース「RAKUNI」

ストラップやリング、背面にはカードケースもついてちょっとスマホ片手に出かけるのに便利と評判のスマートフォンケースRAKUNI。
このRAKUNIをゲットできる機会があったので、早速iPhone 7 Plus版で試してみました。

便利機能が凝縮された「RAKUNI」

今回チョイスしたのは明るい茶色のキャラメル。

パッと持つとこんな感じ。前面にフラップがないタイプなのでいつでもスマホの画面がすぐに確認できます。

縁側にカバーの回り込みがない割にはしっかり固定されていて、カバーから本体が脱落・・・という心配はなさそう。けれど別途画面保護はガラスフィルムを張っておいた方がいいと思います。

この角度から見ると画面周りはかなりフラットになっているのがわかると思います。

iPhone 7 Plusの飛び出した背面レンズ周りもピッタリ窓が切られています。Xperia用のケースはちゃんと縦に窓が切られていました。

片手グリフでもスマホが落ちない!ダブルの便利機能

イングレスのグリフハックは・・・画面の大型化に伴いほとんどのエージェントが両手派(片手でスマホを持ってもう片手でグリフを描く)だと思いますが、僕はiPhone 7 Plusの大画面でも片手派(スマホを持った手の親指でグリフ、もう片手はフリー)。スマホ本体が大きいと重いし落とす危険性が増すのですが・・・RAKUNIだとストラップ付きなので落とす危険性が下がります。

実際にグリフをやっても安心。

iPhone 7 Plusの5.5インチの画面サイズだと流石に画面全体に指が届くわけではなく、ちょっとアクロバチックなスマホのホールドをすることもあるのですが・・・万が一、それで手から脱落しても・・・ストラップをつけていれば・・・大丈夫!

また、「ストラップするとかそこまで・・・」というエージェントにも、ストラップを留めるリングに小指を通す、というホールドの仕方があります。

これ、意外に使います。スマホの裏にリングを固定するiRingの小指版みたいなものですね。

背面カードホルダーは確かに便利そう

RAKUNIで一番評判になったのは、この背面のカードホルダー。

Suicaをここに入れたり、紙幣を差し込んだりで、通勤通学や、ちょっとランチ、という時に色々持っていかなくてもこれだけで事足りる、というところだったと思います。
うーん、ここは撮影の為にカード入れましたが、Suica決済はApple Watchで出来るしなぁ・・・と特に便利さは感じなかったのですが・・・今記事書いていて思いつきました!
不審者カード・・・自分のバイオカードだ!

・・・ということで速攻試してみました。

おお…入るわ。 #ingress #イングレス #charingress #rakuni

A post shared by charingress.tokyo (@charingress.tokyo) on

入ったw
このあたりはスマホのサイズにもよると思いますが・・・。これで数枚自分のバイオカード入れておけば、急なリアキャプにも対応可能ですね!
もらったバイオカードは多分・・・人数多いと無理だと思う・・・w

このRAKUNI、レザー製は5,000円前後とちょっとケースとしてはレンジ高めになっていますが、PU(合成皮革)製でゲットしやすいものもあるのでこちらもチェックしてみてください。

RAKUNIのサイトはこちら。
RAKUNI - ラクニ

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします!

Twitter で

-イングレス, リアル課金
-Cheero, RAKUNI, ストラップ, スマホケース, 不審者カード