charingress.tokyo

ingress(イングレス)の遊び方や初心者向けガイド・速報・イベント・出来事などを紹介。僕とチャリとイングレスと。あとポケモンGOも。

イングレス

マレーシアにもNL-1331が!NL-1331Mはトヨタのヴェルファイアだった。

ふとGoogle+を見ているとNL-1331っぽいけど見慣れない、けど見慣れた車が目に入りました。
あれ・・・?これ20系のヴェルファイアじゃない・・・?

マレーシアのNL-1331Mはトヨタヴェルファイア

その気になったNovember Limaの投稿はこちら。


We have arrived!!!!!

#NL1331
+Ingress​
+NovemberLima​

んー?なんかこの後姿見たことがあるような・・・。けどNL-1331だよね・・・?どこ?これ・・・?

On our way to Penang!!!!

#NL1331
+Ingress​
+NovemberLima​

ん!やっぱりトヨタヴェルファイアですね。現行モデルの1つ前の2代目。厳密にはアルファードの最初のフルモデルチェンジで派生した車がヴェルファイアなので、ヴェルファイアとしては初代だったはずですが・・・いわゆる20系と言われるやつです。

そして・・・ドアのロゴを拡大してみると・・・?

NL-1331M!マレーシア仕様のNL-1331なんですね。

キャッチしていませんでしたが、マレーシアでNL-1331イベントが開催されているようです。

NL1331 Experimental Research Mission Kuala Lumpur

ここでお目見えしたのがこのNL-1331M。既にどこかのパーキングで見つかっていたようです。

マレーシア版NL-1331はなぜヴェルファイア・・・?

ヴェルファイアといえばトヨタの売れ筋高級ミニバン。これがなぜマレーシアで・・・?
調べてみると、マレーシアでも人気が高く、並行輸入車がかなりはいっている状態のようです。そして結果的にトヨタ現地法人が正規輸入で販売することに。

UMWトヨタ・モーターは4日、ミニバン型高級乗用車の新型「アルファード」及び姉妹車の「ヴェルファイア」を発表した。
 
両車種共に並行輸入車が正規輸入車を上回るペースでマレーシアに入ってきており、マレーシア独自のミラーデザインや高速道路に適した足回り、防犯装置で差別化を図る。月間300台、今年通年では計1500台の販売を目標に掲げており、7対3の割合で「ヴェルファイア」が多く売れるとみている。
 
「アルファード」は三代目で、トヨタ車体いなべ工場で製造された完成輸入車。ガソリンエンジンのみで、価格は排気量3・5リットルで41万9900リンギ、上級のエグゼクティブ・ラウンジが51万9900リンギとなっている。車体色は4種類。昨年の正規販売は170台だった。

廉価版の「ヴェルファイア」は二代目だが、正規輸入としてはこれが初めて。これまでマレーシアでは並行輸入車が出回っていた。トヨタ車体製造の完成車として輸入する。排気量2・5リットル・ガソリンエンジン搭載で、価格は35万5000リンギ。車体色は4種類を用意した。両車種共に5年間の保証がつく。

UMWトヨタ、アルファード&ヴェルファイアを発表 |マレーシアニュース|エムタウン
なるほど。
今回のNL-1331Mのベースが並行輸入車なのか、この正規輸入車なのかは分かりませんが、マレーシアでトヨタ車という選択はあり、という事ですね。

他にもあるトヨタのNL-1331現地版

これと同様にフィリピンでのNL-1331イベントで登場した「NL-1331P」もトヨタのハイエースがベース車両でした。

フィリピンのXM検出車「NL-1331P」は日本のハイエースだった!


フィリピンのXM検出車「NL-1331P」は日本のハイエースだった! | charingress.tokyo

大体においてNL-1331の現地版は現地で調達できる車種(と予算の都合)で調達しているようですね。
それにしてもフロントガラスのINGRESSロゴは逆じゃないかなぁ、というのが最後まで気になる・・・w

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします!

Twitter で

-イングレス
-, , , , , ,